【そういえば『見切り』ってスキルあるよな?前編】日常#187

スポンサーリンク

もうヘイロー回りたくないでおじゃる。

akです。

 

絶賛、十天衆超越用の星晶の欠片集めに勤しんでいます。

 

自身のYouTubeチャンネル配信にてフェイトエピソード垂れ流し、ヘイロー周回の精神的苦痛から目を背けています。
(不定期で大体PM10時から配信してますので、よかったらBGM代わりに来てください。配信前にTwitterで呟きます。)

意外とこれが楽しくて、時間なくてすっ飛ばしちゃったストーリーを見返すいい機会なんですよね。

 

 

 

・・・古戦場の準備?・・・なにそれ、美(ry

 

 

 

スポンサーリンク

っていうか、『見切り』って何?

もしかしたらご存知ないきくうし様も居られるかもしれませんが、こんなスキルもあるんですよ。

一応、詳細はこんな感じです。

一定確率で敵の通常攻撃(通常全体攻撃も可)を回避してカウンター攻撃する。

・スキルの大小やSLv上昇で上がるのはカウンターのダメージ倍率のみ、発動率は1個につき3%程度で変わらない。
カウンター発動率の上限は20%

→つまり、見切りスキル付き武器7本で発動率MAX


加護の影響を受けるのはダメージ倍率のみ発動率は受けない

1ターンに最大3回の回避カウンターが可能。


※その他にも、重複や『被ダメ/回避カウンター』との共存など、語り始めると長くなるので割愛します。
→詳しく知りたい方は、wiki等をご覧ください。

 

実際問題、現環境ではこの『見切り』目的で武器編成を組むことはあまりないでしょう。

理由としては、

■『攻刃』『渾身』『背水』等とは違い、火力に直結するスキルではない。

■『回避』といっても、スキルLvにかかわらず発動率が3%固定
加護で回避率が上がらない為、回避率を上げたい場合、編成に『見切り』系スキルを複数本編成する必要がある
→更に、頑張って重ねて回避率20%が上限。ちょっと期待値足りない(気がする)。

■通常攻撃しか回避しない。
 
特に『火力に直結しない』という点は非常に扱いにくいですよね。
 
武器編成で重宝されるのは『火力スキル+a』が基本。
 
昨今の武器スキルインフレも相まって、この『a』に入る部分も『火力系』はもちろん、高難度用に『守護』『堅守』などの『防御系』も豊富です。
 
『見切り』はどちらかというと『防御系』に分類されるのですが(多分)発動率がMAXでも2割程度
安定感に一抹の不安があるのは言うまでもありません。
 
『安定』を求める為の『防御系スキル』なのに安定しないなんて、まさに本末転倒と言わざるを得ません。
 
 
そりゃ空気になりますわ。
 
スポンサーリンク

いや、最近火力インフレしてるから意外と・・・

『○○30連でMVP狙い』
『古戦場HELL○○秒討伐』
『高難度、高防御値ボス相手での火力』

この手の敵と相対する場合は全く使えないとは思いますが、

いわゆる『日課』で消化するような相手であれば、火力はある程度で充分なはず。

 

要するに、

バフやデバフを駆使すれば、『見切り』も無理なく編成に組み込めるのではないか?

火力さえしっかりと確保できれば、『毎回通常攻撃を2割で回避できる』のはひょっとして『強い』のではないか・・・?

 

。。。きになる。

スポンサーリンク

というワケで、雑に組んでみました。

 

絶対否定(通常終末)だったり、渾身モリモリなのでHPが減ったら恐ろしく火力が落ちそうな編成ですが、とりあえずコレでいいでしょう。

 

カカシ(攻撃してくるタレット)でどんなもんか見てみました。

 

■バフ・デバフなし

 

 

 

まずまずじゃない?

■バフ・デバフマシマシ。

 

 

イケる。これならイケる。

スポンサーリンク

本日のまとめ

実戦したかったんですけれど、

メタ弓4凸7本用意するのにアニマ集めして時間が無くなってしまいました。

 

深夜テンションで記事書いてるとワケわかんなくなっちゃうので、実戦は次回にします。

 

火力は充分だと確信したので、次回は

『見切り』の真骨頂である回避カウンターの使用感

についてしっかりとお伝えしたいと思います。

乞うご期待。

 

 

ではでは(‘ω’)ノ

最後に、皆様へ
『プッシュしてくれると、ブログ村の方の順位が上がるボタン』
(ストレート表現)
ここをプッシュお願いします。↓

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村

(・ω・)ノヨシナニッ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました